内祝いの品物で贈らない方が良い物とは?

お祝いで頂いたものと同じもの

お祝いでせっかくいいものを頂いたから、こちらからも同じものを内祝いでお返ししようと思うことがあるかもしれませんが、じつはこれマナー違反となり相手の方に大変失礼にあたります。内祝いでお祝いで頂いたものと同じものを返すのは、あなたから頂いたものは必要ありませんと送り返すことと同じ。そんな気持ちで内祝いを送る人はいないと思いますが、受け取った相手からしてみれば、せっかくお祝いを送ったのになんて失礼なんだろうと思われてしまうこともあるんです。内祝いを送るタイミングは出産や結婚などでバタバタしていてうっかりやってしまいがちな間違いなので、お祝いで頂いたものはメモしておき、それとは違ったものをお返しするようにしましょう。

頂いた品物と比べて安すぎるもの、高すぎるもの

内祝いで贈るものの金額は頂いたものの半額程度の金額、親戚など身内の場合は3分の1程度の金額というのが一般的です。お祝いを現金ではなく品物で頂いた場合は、頂いた品物の相場を確認しその金額にあわせて内祝いを送ります。もしあなたがお祝いを送る方の立場だったとして、送ったものよりも明らかに安いものが内祝いとして送られてきたら少しモヤッとした気分になりますよね。反対に送ったものより高価な品物が内祝いで送られてきた場合、こんなにもらっていいのと申し訳ない気持ちになってしまいます。マナー違反に当たるのはもちろんですが、お祝いしてくれた大切な相手をこんな気持にさせないためにも、お祝いで頂いた金額より安すぎるもの高すぎるものは送らないほうがいいでしょう。