家族や友人・同僚などに贈る品物はどうやって選べば良いのか?

家族や友人に対して贈る品物の選び方

家族や友人に対して内祝いを贈る場合、相手の生活スタイルや好みが分かっているので、生活用品を贈るのがおすすめです。相手の家族構成を考えつつ、タオルやシャンプーなどの困ることがない消耗品を贈るのが良いでしょう。油や紅茶といった日持ちする食品も一例です。基本的に内祝いの相場はもらった金額の半分から1/3です。しかし両親に対しては、出産祝いの場合では贈り物が高額になることもあり、半返しにこだわらないケースが一般的です。赤ちゃんの名前入りの品物やフォトフレームといった記念に残る品物を贈ると喜ばれるでしょう。日頃お世話になっている方に対しては、感謝の気持ちを込めて旅行のプレゼントも良いです。日程や行き先は相手の都合もあるので、旅行のカタログギフトを贈るのがおすすめです。

同僚に対して贈る品物選びのポイント

職場の同僚に内祝いを贈る品物としては、食べ物や消耗品といった形に残らないものがおすすめです。同僚は友人程親しくなく、相手の趣味やプライベートをよく知らないケースも多いです。そのため、相手のライフスタイルによっては負担になるような生活用品は避けた方が良いかもしれません。重要なのは馴れ馴れしくならないように、節度を保つことです。出産祝いでは、子供の名前入りの品物は親族までに留めておくようにします。職場のグループから連名でお祝いをもらった場合では、小分けにできるものをお返しすると良いでしょう。お菓子や紅茶などの詰め合わせを贈ると、皆で分けることが可能です。人数分揃っているセットであることを忘れないように気を付けてください。