内祝いとはどういった場合にするものか

お祝いをもらったら内祝いをするのを忘れずに!

内祝いとは昔は家の中で喜びごとがあった時に、親戚や近所の人に対しその喜びをお裾分けするという意味で、赤飯やちょっとした記念品などを配っていました。それが今では、お祝い事でお祝いの金銭や品物をもらった人に対してお返しをするという意味で内祝いを贈るのが通常です。つまり、お祝いをもらっていない人に内祝いを贈るのはお祝いを催促しているように受け取られる恐れがあるため、それは避けることになっています。内祝いを贈る祝い事としては、第一に結婚祝いが挙げられるでしょう。結婚式の招待客には引き出物を配っているため内祝いを贈る必要はありませんが、結婚式に招待してご祝儀をもらったうえに、結婚祝いとして品物をもらった場合には内祝いを贈ります。また結婚式に呼んでいないのにお祝いをもらった人には当然のこととして贈りましょう。内祝いの相場としてはもらったお祝いの半額ぐらいが一般的です。

出産祝いや新築祝いでも内祝いは必要!

また出産祝いや新築祝いをもらったときにも「内祝い」をしなければなりません。出産祝いをもらった相手に出産内祝いを贈りますが、この場合ももらった額の半額ぐらいのものがよいでしょう。また贈る際には、贈り主は新生児の名前にすることを忘れないようにしましょう。新築内祝いの場合は、お祝いをもらった人を新居に招いておもてなしするのが内祝いに当たります。もし遠方で来られないといった場合は、やはりもらった金品の半額ぐらいの物をお返ししましょう。いずれの場合も、内祝いとして何を選べばよいかは大変に頭を悩ませます。どうしてもよいものがない場合は、カタログギフトを贈ると先方の好きなものを選んでもらえるのでとても便利です。また内祝いを贈るタイミングとしては、お祝いをもらった1ヵ月後ぐらいがよいでしょう。